メニュー

今話題の護身術であるクラヴマガの歴史

クラヴマガは戦闘術の1つで、アメリカ政府機関やイスラエル軍などにおいて正式に採用されています。特徴としてその独創的なテクニックは、実戦を通じて改善されたり新しく開発されてきました。実戦主義的な戦闘術なので、アメリカにおいて連邦や州政府機関などで正式に採用されており、その実用性の高さに関して多くの人に支持されています。特に護身に関する考え方が分かりやすく、人が本能的に持つ条件反射の動きを取り入れており、一般の人にも人気があり広がりを見せています。一貫した合理的な思想によって、短期間トレーニングするだけで、性別や年齢・体力などを問わずにどんな人でもレベルの高い護身術を習得することができるので、世界中にあるいろいろな機関で採用されています。

イスラエル軍のための戦闘術開発の賜物

クラヴマガの歴史は、1930年頃にチェコスロバキアのブラティスラバにおいて、イミ・リヒテンフェルドという若者が考案しました。彼はさまざまな競技でタイトルを手にしているアスリートで、父からストリートファイトを学んでおり、当時紛争状態の東ヨーロッパの中で生き延びます。彼は中東に移住し、イスラエル軍のために戦闘術を開発する任務を任されました。そこで実践に特化したクラヴマガを開発します。その実用性と即効性などから軍だけではなく、一般市民にも広がり、ヨーロッパを中心に普及されました。アメリカに上陸すると政府機関に正式に採用され、民間レベルで急速に広がっていくのです。日本では近年一般の人はもちろん、民間の警備会社や政府機関など、いろいろな分野において広がりを見せています。

人間の本能的にある条件反射を取り入れています

クラヴマガは、例えば誰かに首を絞められると、相手の手に自然に自分の手が伸びたり、ナイフが来るとは咄嗟にはねのけようとするような人間の本能的な条件反射を取り入れているので、パニックになった時でも頭で考えずに自然に手や技が出るという特徴があります。性別や体力・体格などに関係なく、どんな人でも覚えやすいようになっており、格闘技と比較すると短期間で習得することが可能です。トレーニングは基本的に実戦的な動きを意識した全身を使う運動で、表層筋はもちろんインナーマッスルを鍛えることができたり、代謝力がアップするので体質改善やダイエットにも大変効果があります。トレーニングを通して精神的に強くなったり、ストレス解消になるというような意見もあり、肉体改善だけを目的にしていない人も多く学んでいます。

超一流のプロ格闘家もインストラクターとして在籍しています。 六本木店、赤坂店それぞれの店舗で曜日ごとに営業時間が異なりますのでHPでご確認くださいませ。 ご利用ペースや、ご利用店舗、男性か女性かなどで料金が異なりますのでHPでご確認くださいませ。 1ヶ月14日間のクラス参加なら男性は月額12,000円、女性は11,000円でご利用可能です。 有料クラス10回券は3,000円で販売しております。 イスラエルの接近格闘術「クラヴマガ」を体得しよう